いろはの毎日

カテゴリ: *11年8月飛騨高山( 4 )

飛騨高山温泉 その4

いいかげんひっぱり過ぎよね。。もう終わりますのでお付き合いください。
最終回は白川郷編で〜す♪
f0234683_21465035.jpg


☆☆☆


えっと、お昼頃、高山を出発して白川郷へ。
途中はひたすらトンネル。。。旦那さん睡魔に襲われながらもなんとか到着。

荻町地区に駐車して、集落を散策します。
f0234683_2152253.jpg
意識しないで写真とってるけど、こういうときなぜかいつも酒屋が写っている(笑)

f0234683_2175486.jpg
集落内にはあちこちに水路や池が。

夏は涼しげでいい感じ。
冬は雪を捨てて溶かすのに便利なのだそう。

泳いでるのは何の魚でしょうね??


日陰に入るととっても爽やかで気持ちがいいんだけど、
日差しがある場所は暑くてたまらん。旦那さんがわたしの日傘を奪う。。
f0234683_2172748.jpg

古民家の食堂で昼食をとって、さらに散策。
住民のみなさんの生活の場でもあるので一般民家の敷地に入らないように注意ですぞ。

わたしたちは土産物屋などの商店になっている古民家にはほとんど入らず
もっぱら、合掌造り民家園で過ごしました。

合掌造り民家園は、廃村になった合掌造り民家を移築、保存した野外博物館ということで
とっても古い形の民家から3階建ての大規模な民家、穀物倉や神社のお堂、水車小屋まで
さまざまな時代、規模、用途の建物があり、その中に入って見学できます。

f0234683_21323690.jpg

f0234683_213777.jpg

f0234683_21344815.jpg

f0234683_21333191.jpg
これは屋根裏。3階部分。床板の隙間から下が丸見えで怖かった。。


園内では建物ばかりでなく、手入れされた花畑や樹木、小川の流れなど
のどかな景色に癒されます。
途中、空も曇ってきて...でも降りそうで降らない、ベストな空模様。
f0234683_2138434.jpg

f0234683_21364351.jpg

f0234683_2141281.jpg

わたしたちのほかには驚くほど人けはまばら。
お店のあるあたりは観光バスでどんどん人が来ているようだったのに。
この民家園を訪れる人は少ないんですね。素敵な場所なのにもったいない。。

だって、40目前のおっさんもハイジ気分が楽しめるのよ☆
f0234683_2213613.jpg


最後に、展望台から集落を一望。
f0234683_2214277.jpg


今回は夏の白川郷を満喫しました。
次はぜひ冬に再訪して、できれば古民家の民宿に泊まってみたいなぁ。

以上、飛騨高山1泊2日の旅でした〜☆おしまい☆
[PR]
by iloha_mainichi | 2011-08-11 22:29 |  *11年8月飛騨高山

飛騨高山温泉 その3

夕食後、さらに深夜にもお風呂に入って大満足。
ぐっすり眠って、すっきり目覚め、また温泉。
あ〜幸せ♡

f0234683_13453437.jpg

不思議なもので夕食をあれだけ食べて
あさ起きたときには無理〜なのに
お風呂に入って、朝ご飯の時間になると
またもりもり食べてしまうの。。



f0234683_1346245.jpg

朝食後、宿のすぐそばで
朝市がたっていたので
ちょっとひやかしに。

時間が早すぎたみたいで
閑散としてました。。



さくっと宿に戻って、また入浴!!
温泉満喫して、時間ギリギリまで部屋でのんびりしたところで
とっても居心地の良かった平野屋さんをチェックアウト。

高山の街へでかけま〜す。


f0234683_1432186.jpg

宮川では子どもたちが
夏休みの課外活動?で
水辺の生き物観察をしてました。



f0234683_14322957.jpg

川沿いでも朝市が。
地元の名産品の出店が並んで
とっても賑やか。


古い町並み。
f0234683_14331067.jpg

雰囲気のある造り酒屋。
f0234683_14331624.jpg


古い町並みには商家が並んでいて、次々にお店を覗いて歩く面白さがあります。
味噌屋さんや酒蔵ではいろいろ試飲もできました♪

また、風情のある町家におしゃれなカフェや雑貨屋さんが入っていたり
みたらしだんごや飛騨牛の握り寿司などの軽食を食べ歩きできたり
若いカップルや女の子グループから家族連れまで楽しめますよ☆

のんびり散策を満喫しつつも、暑さにやられて。。
ほどほどに切り上げて、泊まった宿に戻りひと休み。

平野屋 別館の1階にあるカフェは、飛騨の木材を使った家具で統一されていておしゃれです。
川側にテラス席もあって、気持ちのいい風がふき、風鈴の音が涼しげ。
f0234683_15114080.jpg

f0234683_15115078.jpg

湯上がりにサービスされていたミントティーがここでもいただけます。
爽やか〜☆

赤いのは、さるぼぼの箸置き。
宿のオリジナルで、お土産に購入できます。
これホントにかわいかったので、
買って帰ればよかったとちょっと後悔。。


ほら、このお尻いいでしょ?
f0234683_15145897.jpg


ひと休みというには長居しちゃいましたが、これから白川郷に向かいます!
(続く)
[PR]
by iloha_mainichi | 2011-08-09 15:36 |  *11年8月飛騨高山

飛騨高山温泉 その2

早めのチェックインで貸切状態のお風呂を満喫したあとは、
夕食まで街を軽く散策して過ごします。

宿を出てすぐの赤い中橋を渡って、古い町並みまでは徒歩3分くらい?
5時過ぎるとひとけもまばら。お店も終わってるし。。
明日の下見だね〜と、ぶらぶらっと歩いていくと、見つけてしまいましたよ。

f0234683_8564690.jpg

飛騨牛を使ったミンチカツ!
これは素通りできず(笑)


夕食前だったので控えめにミニミンチカツを購入。
注文してから揚げてくれる熱々を食べ歩き!
と思ったら、おばちゃんが中で食べていけますよ〜って招き入れてくれました。
イートインスペースで待ちながら、我慢できずにビールを注文(汗)
揚げたてミンチカツも運ばれて、、

f0234683_8565241.jpg

たまら〜ん♪


f0234683_856492.jpg
肉汁じゅわ〜、柔らかくて甘い!!

もっと食べたい、もっと(ビール)飲みたいっ!

でも我慢。。


街ぶらもそこそこにプロ野球オールスター戦の開始にあわせて宿に戻り、テレビ観戦。
夕食も横並びで配膳してもらいます。
f0234683_9124714.jpg


岐阜の野菜や川魚、飛騨牛など地元の食材をつかった夕食の献立は
夏らしく涼しげで、上品な薄味ながら手間のかかった品ばかり。
写真は献立の一部です
f0234683_936220.jpg

鮎の塩焼きはふっくらほくほく。
飛騨牛の鉄板焼きもうまうま。のせてるのは「ふきみそ」です。

で、わたしが一番気に入ったのは、実はこちら。
f0234683_9434662.jpg

メインの前の口直しで出た、鯛の大和煮、なのです☆
冬瓜は梅煮、海老そぼろのあんがかかって。。あぁ、美味しかった。。

食いしん坊夫婦はおひつのご飯も完食し、大満足。
ぽんぽこりんのお腹を抱えて、ベランダで夜風にあたりひと休み。

f0234683_9561370.jpg
残念ながらうまく写ってませんが、
橋が優しくライトアップされて綺麗でした。


そのとき事件が!?(くりっく)
[PR]
by iloha_mainichi | 2011-08-08 10:06 |  *11年8月飛騨高山

飛騨高山温泉 その1

前記事にもあるように、飛騨高山に温泉に入りに行ってきました。

旦那さんが休みをとった金曜日の朝、ふと思い立ってネットで宿をとり、お昼に出発という、
いつもながら勢いだけの無計画旅行です(笑)

最近、温泉に行くときはできるだけ早く宿に着いて、ひとの少ないうちに
ゆっくりお風呂に入るのが定石になっているわたしたち夫婦。
今回もチェックイン開始時刻の午後3時に合わせて到着です。

お世話になった宿は、本陣平野屋 別館

f0234683_8113424.jpg
←部屋のベランダからの眺め。

川沿いにあり、赤い中橋のすぐそば。
高山の街を散策するにも便利な立地でした。


チェックインしてさっそくお風呂へ!

男湯は最上階に内湯の展望風呂と露天風呂、そして旦那さんの大好きなサウナが。
女湯は同じく最上階に展望風呂がひとつで露天・サウナはなし。
でも!宿の建物に付随して、数寄屋造りの古民家を改装した、女性専用のお風呂があるの☆

f0234683_8214996.jpg
一旦、宿の玄関から表の通りに出て
隣りの建物へ移動。


外観はこんな感じ。



のれんをくぐって、お邪魔しま〜す♪


f0234683_9535091.jpg
はい、狙い通り、貸切状態でーす!

白壁の土蔵の中にお湯が〜!

やわらかく光が差し込む天窓と、
風情のある中庭に向かって開け放たれた扉。

露天風呂とはまた違った解放感がありつつ
しっとり落ち着いた雰囲気がいい!


パウダーコーナーは可愛らしくて
アメニティも充実。


f0234683_1011131.jpg
お風呂から上がっても、しばらくはうろうろ。

脱衣スペースの奥には休憩所が。
湯上がりに窓やバルコニーから宮川を眺めて
のんびり夕涼みを楽しみました。

吹き抜けの囲炉裏を囲んで休める一角もあり
冷えたミントティと地元産のプチトマトの
サービスが嬉しい。


ゆーっくりお湯につかって、またゆーっくり休んで、1時間半後に旦那さんと合流。
(この間、ずーっと貸切状態でした。男湯のほうもひとりだったとか。ラッキー☆)
で、ちょうど5時。
他のお客さんたちがチェックインしてくるタイミングで出かけて
夕食までぶらぶらと街を散策しま〜す。

(続く)
[PR]
by iloha_mainichi | 2011-08-02 10:43 |  *11年8月飛騨高山